地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、安芸郡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

安芸郡の地域情報サイト「まいぷれ」

なぜ素人の考えが蔓延しているのでしょうか?

 (有)寺垣内石材店のニュース

なぜ素人の考えが蔓延しているのでしょうか?
お墓に関しては、何の根拠もない素人の考えが世間で大手をふって通用しているようです。
どうしてそのようなことが起こるのでしょうか?

それは現在の宗教家にも大いに責任の一端があります。
釋尊のおっしゃった宗教の根幹は、とっくに忘れられているかのようです。
本来、仏教では墓を必要としていません。
仏の浄土に往生するのですから、そんなものは不用なのです。

出家者は妻帯しませんから、死ねば草場の陰でよかったのです。
しかし、在家の我々は親から子、子から孫へと相続を繰り返してきましたから、そうはいきません。
子供の立場として親や祖先の供養のためにお墓を建ててきたのです。

人が死ねば死骸を葬る場所が必要です。
しかし、死者を捨てるだけの墓はいらないのです。
往生を乞い願う供養の墓、つまり宗派のご本尊をお迎えして死者を回向する墓、「仏塔」が必要なのです。
たとえお寺がお墓はいらないといっても、我々在家の人間には仏塔である墓がいるのです。
従って、お寺に墓のことを聞いても何の解答も得られないのは当然です。
今さら、墓をこう建てなさいとはいえないのです。

特に真宗では墓地を不要としており、墓石の指導も行いません。
ところがでうでしょう、真宗の寺院の裏には多くの墓が建っていて、築地本願寺では「新しい時代の新しい墓」といって墓地墓石まで紹介しています。

お墓の指導は占い師に取られ、葬式は葬儀屋が仕切り、今やお寺の活動の場はどこにもありません。
せめて墓の指導くらい真剣に相談に乗ってあげてほしいものです。


写真:サーンチーの塔(インド)
   インドに現存する仏塔としては、紀元前3世紀にアショーカ王によって建立されたサーンチーの塔が有名(ウィキペディアより)

※ここの記載は参考としてください。



安芸郡熊野町の石材のことなら何でもどうぞ、自社加工が自慢の寺垣内石材店でした。
◆詳しくはこちら◆


◆店舗情報◆
安芸郡熊野町出来庭6-2-4
TEL:082-854-0326
営業時間:8:00~17:00
定休日:日曜
葬儀・仏具[墓石・石材店]

(有)寺垣内石材店

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。