地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、安芸郡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

安芸郡の地域情報サイト「まいぷれ」

抜魂供養と開眼供養ってなに?

 (有)寺垣内石材店のニュース

抜魂供養と開眼供養ってなに?
お墓を建てることは宗教儀礼です。
敬虔なものとしてお墓を見なければなりません。
単なる石と思うならば、そこに仏も先祖も見出すことはできないでしょう。
お墓に触れる時は必ずお経を添えるという姿勢でなければなりません。
お墓を解体して移転したり、建て替える時は必ず抜魂供養を営むべきです。
仏の石としてみるからです。
新たに建てた時は開眼供養をして、仏をお迎えします。
「寿陵」という誤った解釈が行われ、死者がいないからお墓が建っても開眼起用供養を行わないとする考えが増えているようです。
それならばお墓を建てた意味がありません。
建てる行為は、そこにご本尊とご先祖を迎えるという宗教意識を合わせ持たなければなりません。

墓を建てた場合は、分家初代で死者がなくとも、必ずお寺さまをお迎えして厳粛な法要を営むべきです。
「○○家之墓」を建てておき霊標に戒名を刻む人も同じことがいえます。
仏石に触らないのだからお寺さまをいちいち呼ばなくてもよい、といって供養の手抜きをしているケースもあります。
無料の墓地があるとか、無料で戒名やお骨の管理をするお寺まであるようですが、供養の心に「無料」という考え方は当てはまりません。

開眼供養では、お寺さまが仏をお迎えする儀式や作法を行われますが、お骨とともに写経を納め、石塔の幕を施主の手で外し、墓地の四方に塩・酒・火を供養し荘厳することも忘れないようにしましょう。

◆開眼供養については、こちらをどうそ^^


写真:開眼法要の例

※ここの記載は参考としてください。


安芸郡熊野町の石材のことなら何でもどうぞ、自社加工が自慢の寺垣内石材店でした。
◆詳しくはこちら◆


◆店舗情報◆
安芸郡熊野町出来庭6-2-4
TEL:082-854-0326
営業時間:8:00~17:00
定休日:日曜
葬儀・仏具[墓石・石材店]

(有)寺垣内石材店

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。